• ダイアテックの新たな取り組み
  • HOME
  • ダイアテックの新たな取り組み

ダイアテックの新たな取り組み

ダイアテック株式会社は、世界中の魅力ある自転車製品を日本のユーザーにお届けする、正規輸入代理店業や自転車開発をコアに、自転車を通して新たな取り組みを進めています。

 

自転車を楽しむ環境を作ります

今世界的にクリーンでエコロジーそしてヘルシーな自転車が見直され、世界中で爆発的に自転車を楽しんでいる人が増えています。

日本でも同じように、スポーツとして楽しむ人、そしてこれからスポーツバイクを乗り始めた方々が増えています。

そして、乗る方達が増える一方で環境も整備され始めています。

私たちも、日本各地でレンタサイクルやマウンテンバイクのコースなど一旦は作っても活用しきれていない形を多くみてきました。
巨額のお金を投資しても、数年で使用できなくなったレンタル自転車がゴミの山のようになっていることや、マウンテンバイクのコースが活用しきれていないことなど、持続発展していく形になっていることが本当に少なく、悲しい状況になっているのを目の当たりにしています。

そこでダイアテックでは、

  • ローカルを世界から見た見地に立って、地域の素晴らしいものを生かした、自転車の環境を作っていくことを提案していきます
  • 持続発展可能な自転車を乗ることができる環境、ルートの構築

〜たとえば〜

■現在長野県信越エリアでは、今まで前例のない規模での活動が始まっています。

  • GRINDUROをはじめとする世界的イベントを信越で行い、世界から注目されるエリアになりつつあります。
  • そして信越をグラベル、E-bikeの聖地とするべく地域のトレイル、林道などを活用した環境整備やルールづくりをスタート。
  • スキー場の広大な敷地とキャンプ場を生かしたバイクパークの制作を行なっています。

https://www.madarao.jp/gravelbikepark

長野県と新潟県をまたぎ、今まで前例のないスケール感で活動が始まっています。
このエリアが、“土の上を遊ぶ”ことのできる東アジア最大のグラベル、E-bikeのメッカとなる日も近いと思っています。
コロナが明けると同時に多くの海外からのお客様も迎え入れたいと思っております。

 

■荒廃していく森林を甦らせたい!

日本の国土の2/3は森林。世界でも2番目の国土に対する森林の割合なのです!
少子高齢化や国産材を使わないことで、森林は今ますます荒廃していく状況となっています。
本当に、将来の子供たちに残す資源を魅力的に残したい!
自転車を活用し、森林を整備し有効に活用していきたい。
こんな持続発展可能な姿を、一緒に目指していく活動もしていきたいと思っております。

 

E-bikeや自転車で一緒にワクワクすることしませんか??

クリーンでエコロジー、そしてヘルシーに誰もが簡単に乗れる。
自転車には、便利ということだけでなく、人を元気にさせてくれます。
可愛らしく、何か心地良いなと思う乗り物。それが自転車です。

今世界的に自転車が注目され、趣味だけでなくビジネスでも活用され始めています。特にE-bikeの世界的な活用は爆発的に増えてきています。
そして、ようやく日本でもそれが始まりつつあります。
ダイアテックからも、色々なものを“モノを運べる”E-bikeがついに発表されたところなのです!

国内を見ると、せっかく導入したのになかなか軌道になっていないプロジェクトも多いのが現状。
たとえばレンタル自転車。自治体での導入や海外からの参入もありましたが、撤退する例も多く、なかなか軌道にのせることができずに失敗してしまうケースも多いのも見てきました。
本当に持続的に発展していくには何が必要か?

自転車は夢のある乗り物です!活用して何かしたい!どうすればいいの?誰に相談したらいいの?と何かと分からないことが多い自転車。
ダイアテックに任せてください。なんでも些細なことでもご相談ください。

〜たとえば〜

■デリバリーに自転車を使ってみたい。
E-bikeは、フードやモノのデリバリーに実は最高なんです!
細い路地をスイスイ、そしてバイクや車よりも駐車もしやいので最速で配達することができます!

■シェアバイク
会社で社員が利用可能な社内シェアバイクを作りたい!
ランチタイム、通勤、配達で自転車をシェアすることで、より時間とお金を節約するだけでなく、リフレッシュにより身も心もヘルシーになることができます!

■現場へ早く、楽に!
チェーンソーなど重たい道具を持って遠くの現場へ行きたい。
自動車の入れないような林道を何キロも歩いて現場へ行くような時にも、E-bikeであれば重い道具を持っての移動も楽々。時間と体力に余裕を生むことができます。

■災害時での自転車の活躍
災害時の救護を行う上で、一番早い移動手段としてE-bikeを活用する、海外でも導入されてきています。
緊急車両にE-bikeを積載し、渋滞や進入できない場所へ最速で到着させ対応する。そんな使い方ができるのも軽いE-bikeならでは。

■E-bikeや自転車のレンタル
ホテル、自治体、スキー場などなどでレンタルバイクを事業としてしたい。
自転車が活かせる環境からの提案をさせていただきます。

■E-bikeフィットネス
コロナ禍でフィットネスジムが利用しにくい状況で、E-bikeを活用して屋外でフィットネスなどいかがでしょう。

■キャンプ場の移動やアクティビティに
キャンプ場内を移動するのに、車で動いたり、薪や水を運んだりするのは周りにも気を遣うこと多いですよね。
E-bikeなら重い荷物の移動も楽々。+周辺を冒険するアクティビティにも活用できる!

■一緒に“自転車x企業(work)”で取り組みをしたい!
自転車 X
車、アパレル、コーヒー、農業、林業、キャンプ、仕事、ビール、建築、ホテルなどなど、
色々な分野の方々と新たなチャレンジに取り組みたい!

〜ダイアテックでは〜
“自転車”と“皆様の思い”をつなぎ、持続発展可能な提案をしていきます!
ダイアテックメンバーみんなが、世界中で自転車に乗り、自転車が活躍していることも多く見てきました。だからこそできる提案となります!
イロイロな思いを形にします。ふわっとしたアイディアでも大丈夫です!
自転車を活用したい企業様、自治体様、個人事業主様お気軽にご相談ください。

 

ダイアテックHPトップへ戻る

 

前のページに戻る