• BROOKSサドルの選び方
  • HOME
  • BROOKSサドルの選び方
CAMBIUM SADDLE

CAMBIUM シリーズ にも同じ要素でラインナップが揃えられています。

基本的な要素 1

どれくらい前傾姿勢をとるのか?

このアイコンはライダーの乗車姿勢を表しています。
45°前傾(画像左アイコン)して乗るようなスポーツバイク系であればOVER VIEWの一番上の段にある 「C13」 「C15」が推奨
60°の前傾(画像中アイコン)で乗るツーリングやコミューター、マウンテンバイクなどは「C17」
90°(画像右アイコン)電動バイクやよりアップライトなハンドルバーを装備したコミューターなどにおすすめ、「C19」が推奨

基本的な要素 2

3つの仕様、どれを選べばいい?
STANDARD / CARVED / SPECIAL

CARVED → 穴あきモデル

レザーと同様にトップのラバーのしなりを顕著に体感でき、手で押すだけで座面がしなるのが体感できるほどです。
尿道圧迫を防ぐために凹みを作るサドルも多いですが、BROOKSはトップのしなりを出す目的で穴を開け、同時に圧迫からの開放も得ることができています。

SPECIAL → レザーのSPECIALモデルを彷彿とさせる色使いや限定アイテムも

現在、定番のCAMBIUMサドルはトップの素材にナイロンを使用していますが、SPECIALシリーズはオーガニックコットンを使っているために使用感を楽しんだり、アルミダイキャスト製のベースを使用しています。
限定のカラーサドルなどもSPECIALシリーズとして展開されることが多くあります。

CAMBIUMラインでC13にだけサイズ記載があるけどなに?

C13 はカーボンレールを使用したモデルの総称です。

  • 「C13 132」 → C13 カーボンレールの132mm幅
  • 「C13 132 CARVED」 → C13 カーボンレールの穴あき132mm幅
  • 「C13 145」 → C13 カーボンレールの145mm幅
  • 「C13 145 CARVED」 → C13 カーボンレールの穴あき145mm幅
  • 「C13 158」 → C13 カーボンレールの158mm幅
  • 「C13 158 CARVED」 → C13 カーボンレールの穴あき158mm幅

レールには7 x 9 のオーバルレールを使用しいています、お使いになるシートピラー側が対応しているか確認が必要です。

こちらではカタログ値でのサドルの選び方の紹介になりました。
次は、具体的な質問の多いシチュエーションなども加味した選び方をご紹介します。

前のページに戻る