ENVE ファンデーション フックレスリムでのロードタイヤ着脱検証

ロード用チューブレスタイヤの使用を検討する際に気になる、タイヤの取り付け、取り外しに対する不安…。
そこでENVE フックレスリムを使用して、実際に対応するタイヤを集めて着脱テストを行いました。
ぜひ参考にしてみてください。

実験内容

・国内流通のチューブレス・チューブレスレディータイヤを使用
・ENVE ファンデーション ENVE45を使用
・各モデル 装着・ビードアップ・脱着の3工程を行い検証
・装着・脱着に関しては工具(タイヤレバーを)使用しない
・ビードアップはフロアポンプを使用(今回はLEZYNEクラシックフロアドライブとグラベルフロアドライブ)

【テストしたタイヤ】

Schwalbe
PRO ONE TUBELESS EAS
IRC
FORMULA PRO TUBELESS X-GUARD
FORMULA PRO TUBELESS READY S-LIGHT
Specialized
S-WORKS TURBO RAPIDAIR 2BR
Vittoria
CORSA TLR
ENVE
SES Tire

全てのタイヤを測量しました

重量ランキング 700×25C

1 ENVE SES Tire 239.7g
2 Specialized S-WORKS TURBO RAPIDAIR 2BR 255.1g
3 Schwalbe PRO ONE TUBELESS EASY 263.3g
4 Vittoria CORSA TLR 292.6g
5 IRC FORMULA PRO TUBELESS READY X-GUARD 312g

重量ランキング 700×28-29C

1 IRC FORMULA PRO TUBELESS READY S-LIGHT 244.7g
2 ENVE SES Tire 282.3g
3 Specialized  S-WORKS TURBO RAPIDAIR 2BR 304.9g
4 Vittoria CORSA TLR 303.3g
5 Schwalbe PRO ONE TUBELESS EASY 305.3g

 

TEST-1  装着・脱着は工具なしで行えるか? 時間はどのぐらいかかるのか?
(手が痛かったので後半は革手袋装着)


【装着のスピード(あくまで筆者のテクニックの範囲ですので参考程度に)】

1 Schwalbe PRO ONE TUBELESS EASY 1分19秒
2 Vittoria CORSA TLR 1分28秒
3 Specialized  S-WORKS TURBO RAPIDAIR 2BR 1分35秒
4 ENVE SES Tire 2分29秒
5 IRC FORMULA PRO TUBELESS X-GUARD 5分12秒

【脱着のスピード】

1 Vittoria CORSA TLR 簡単
2 Schwalbe PRO ONE TUBELESS EASY やや時間かかる
3 ENVE SES Tire やや時間かかる
4 IRC FORMULA PRO TUBELESS X-GUARD 手では無理
5 Specialized  S-WORKS TURBO RAPIDAIR 2BR 手では無理

TEST-2 フロアポンプでビードをあげられるか!?

 今回はLZEYNEのフロアポンプ2種類を使用
クラッシックフロアドライブと新製品のスポーツグラベルフロアドライブ(右))

 

商品名 サイズ クラッシックフロアドライブ グラベルフロアドライブ コンプレッサー
Schwalbe
PRO ONE TUBELESS EASY 700×25C × ×
700×28C ×
IRC
FORMULA PRO TUBELESS X-GUARD 700×25C
FORMULA PRO TUBELESS READY S-LIGHT 700×28C × ×
Specialized  
S-WORKS TURBO RAPIDAIR 2BR 700×26C
S-WORKS TURBO RAPIDAIR 2BR 700×28C
Vittoria
CORSA TLR 700×25C × × ×
CORSA TLR 700×28C × × ×
ENVE
SES Tire 700×25C
SES Tire 700×29C ×

【解説】

Specialized S-WORKS TURBO RAPIDAIR 2BRと IRC FORMULA PRO TUBELESS X-GUARDはストレスなくビードアップができる。
Schwalbe PRO ONE TUBELESS EASY は、少々個体差がある可能性あり。(4本中2本は簡単に空気入りましたが2本は入らず)
Vittoria CORSA TLRは、テクニックが必要(バルブ口付近をつまみ上げるなどをすると上がるが実験時間内で気づけず今回は不可に)
ENVE SES Tire 丁寧にビードを整えれば簡単にビードアップできる。はじめのポンピングが重要。
今回は、シーラントなしで行いました。

【お役立ち情報①】

ちょっとした裏技でビードが上がりやすいことを発見
・ビードワックスやゴムに影響のない潤滑剤を使用すると作業は格段に楽になる。
・ビードが上がる際の音【パンパン音】が潤滑剤を塗布するだけで緩和する。
今回は、MUC OFFのシリコンシャインをリムのビードサイドとビードシート部分に塗布
 

【お役立ち情報②】

ENVE RIMの構造がわかると装着はより簡単になります。タイヤをはめる時に均等にビードが中央に入っていれば手でもハメル事ができる

ちょっとずれると硬い。
そんな時は大体ビードが一部ずれていることが多いので定期的にビードの位置を確認

【お役立ち情報③】

空気入らない?と思う時は、大体バルブステアのゴム部にビードが引っかかっている。

【お役立ち情報④】

脱着時、手ではビードが落ちなかったタイヤが2ブランド(IRCとSpecialized )焦らずにちょっと隙間を作って丁寧にタイヤレバーを刺しゆっくり少しずつビードを中央に一箇所落ちると簡単にビードが落ちる。

 

【今回のお役立ちTOOL】

LEZYNE スポーツグラベルフロアドライブ
LEZYNE POWER LEVER
MUC OFF  シリコンシャイン

牛皮作業グローブ

【LEZYNE スポーツグラベルフロアドライブのいい所】

バルブコアがあるとポンピング時に抵抗になり勢いが落ちる

付属のヘッドでバルブコアを取り外す

専用バルブ口でバルブステムに直接接続ができる
一気に空気が入るのでビードは上がりやすい

【総評】

フックレスは心配との声を聞き、今回10セット近く装着・脱着をテストしました。ほとんどのブランドはしっかり装着でき不安はなかった。ビードを落とす作業が想像以上に大変だっ反面、走行時にパンクしても外れない安心な要素でもある。パンク修理のことを考えると工具なしてある程度脱着できる方がいいと思います。

現在の所ENVE社のタイヤが重量・装着/脱着・ビードの上がりやすさで高評価 。

今後、各ブランドのタイヤが統一規格になっていくことで、フックレスで使用できるチューブレスタイヤの選択はもっと増え、もっと気軽なものになっていきます。

フックレスチューブレスは乗り心地・ブレーキ性能・コーナリング・効果 が優れています。
これからはフックレス・チューブレスの時代が来ると確信しています!

 

ENVE記事一覧へ

 

ENVEカタログページへ

ENVEホームページへ

 

関連記事一覧

前のページに戻る