GRAVELって何??

GIRO GRAVEL BIKE PARK Madarao立ち上げまでの想い

ダートカルチャーはいつもUSAから始まっている。
それはなぜか?USAへ行くと改めて感じるのは、数多くのジープ道と呼ばれるダートの道路が無数に存在。そしてスケールもデカい。カリフォルニア マリンカウンティからビーチクルーザーでダート遊びをする連中からマウンテンバイクが始まり、そして新たな遊び方のグラベルがまたUSAから新たに巻き起こる。それは、いつも気の赴くままに楽しむアメリカ人の開拓スピリットが詰まったものを感じる。開拓者、ワイルド、カッコイイ、新たな挑戦。いつもダートに感じる匂いだ。
グラベルは、実はアメリカ国内でもまた各国でも様々な遊び方がされているのがおもしろい。地形が違えば、路面や気候も違う。定義はなく、オンロードだけでなく土の上も境なく自由に遊ぶこと。それが、グラベルの醍醐味と自分は感じている。しかも今なお自由に進化していっている。本当にフリーダムなのがグラベルなのだと思っている。

自分たちが育った環境はダートが身近にあったから、ダートを愛する そのような生い立ちができたのだけど、いざ自分たちが子供を持った時にそんな環境が身近にある人の方がレアで貴重なもので、子供の時にした体験はかけがえの無いものであったと認識するようになった。 子供でも、大人でも土の上を自転車で走り、自然を感じる心地よさを感じてもらいたい。そう感じる。

2020夏、ダイアテックの加納、増田にてフィールドの作成が信越・斑尾にて始まった。 そのテーマは、アメリカで始まった土の上で遊ぶGRAVELをテーマにしたフィールド。 ある意味、今までの2人の人生の集大成となる場がここにスタート。

ワクワクするこの感覚。 そんな思いでここのフィールドの制作が始まったのだ。

なぜ日本の中でも
信越エリア斑尾が選ばれたのか??

実はこのエリアが、トレイルランニングの聖地であり、土の上で遊ぶことに理解があるエリアだと昨年のグラインデューロを開催することで知ることができた。林道がひしめき合い、無数のトレイルが整備されているエリア。

こんな広大なスケール感のダートが存在するエリアは、日本に他にないんじゃないか?って。

こんな興奮は久しぶりだったことを覚えている。

そして、信越は今なお日本らしい文化が守られていることに感動を覚え、でも新しいことも取り入れて行こうとする熱い思いのローカルがいてくれた。 2020年そんな背景から、信越エリア斑尾にてフィールド開拓がスタートがした。

GIRO GARAVEL BIKE PARK
MADARAO

3カ年計画でのフィールド作成。 「初めてダートを走る子供達や大人がキャッキャとキャンプをしながら楽しむ」こんな理想を掲げ、桑を持って造成はスタート! 自然を感じることができるように作っていく。

大きなバンクなどの造作は極力作らず、自然の地形を最大限生かした作りを目指す。

実は斑尾はキャンプ場が大人気。

大きなフィールドにゆったりとキャンプできるなかなか無いキャンプ場となっている。 その周辺に3年をかけてグラベルパークを作ると言う壮大な計画だ。 2020年は、キャンプ場周りのルートから着手!

来春をぜひ楽しみにしてください。

 


GIRO GARAVEL BIKE PARK MADARAO
インフォメーション

長野県北部の飯山市の斑尾高原スキー場がベース。上信越道や北陸新幹線 飯山駅からも好アクセスな立地。 広大なエリアにキャンプを張ることができ、本当に気持ちが良い。CAMP道具と自転車を持ってきてCAMP & BIKEを楽しむことがきでる。レンタルのバイクも導入予定。E-BIKEであれば、初心者や女性の方でもダートの上を楽しめる。 ローカルガイドも初めての山の中を自転車で走ることをサポートしてくれる。

■オープン予定コース紹介

SS1

入門者のステップアップ、本格的なオフロードトレイル。 細い森の中をぬけるアップダウンのあるルート&気持ち良いオープンエリアのルート。SS2からのステップアップにも最適。

SS2

キャンプを楽しむファミリー、キッズの土の上で初めて遊ぶことを考えて作ったルート。ブレーキを極力かけないで下れる斜面となって、気軽に下れます。 下りだけで400m、ループで楽しむと700m。

ふるさとの森ルート

ハイカーから人気の斑尾高原屈指の美しさを誇るブナ林トレイル。 トレイルの幅があり安全に楽しんでいただけるトレイルです。 ハイカーやトレイルランナーなどジャンルの異なる人たちと共存を目指し、新しいルールやガイドラインを考えながらトレイル利用の可能性を追求。今までハイカー専用のトレイルであったが、自転車にも開放を予定し準備を進めている。

 

 

 

 

 

 

 

パークは、2021年6月ごろのオープン予定。


公式WEB SITE

http://www.madarao.jp/gravelbikepark

 

パーク利用に関するお問い合わせ 
斑尾高原スキー場
http://www.madarao.jp/contact

 

GIRO記事一覧へ

GIROカタログページへ

GIROホームページへ

 

関連記事一覧

前のページに戻る