Un Authorized 33rpm 再始動!! 〜イントロダクション〜

新たなステージへ  33rpm の再始動!!

ハードテイル vs 最新のフルサス

33rpmが始まった時から目指し続けたこと、それは究極のトレイルバイク

様々な国のトレイルで走った。まずは MTBが始まった場所 マリンカウンティ。
そこで思ったこと それは…

それぞれのブランドにはそれぞれのブランドが生まれた背景があり
その背景からそれぞれのジオメトリと乗り味が決まっているでは?

ということ。

それから

17年間 

アメリカ、カナダ、オーストラリア、ドイツ、イギリス、スコットランド、

スペイン、イタリア スイス オーストリア インドネシア そして台湾 等々
色々なところを走りまくった。

多様な地形、土壌、気候に出会い、様々なスタイルのライダー共に
さらには多くのバイクブランドにも乗った。

そして確信が持てたこと

それは

日本のトレイルには日本のジオメトリが必要

海外で得たことを日本に持ち帰り、
日本での自分たちの楽しみを最大限にするバイクを追求。

日本のトレイルは

傾斜が急で

コンパクトな山が多く
さらに高温多湿、

木の根やツルツルの岩

そこにはアメリカでもヨーロッパでもない独特の風土がある。

そこで楽しむための

ローカライズ

歴代の33rpmの中でも突き抜けてスタビリティーが高い

そして キーワードは

63°

-420mm


 33rpm Enduro スペック
モデル: UnAuthorized 33rpm
チューブ:Original クロモリチュービング
適正フォーク長:最大160mm(44mmオフセット)
サイズ:S , M(Grayのみ)
カラー:Gray / Blue
ヘッドアングル:63度 (160mmストローク時)
適正身長:S〜173cm, M〜180cm
BB:プレスフィット
ヘッド:ZS
シート:31.6mm
Rハブ:Boost
プライス:¥134,000-
付属品:9point8オリジナルシートクランプ / ロバートアクスルシャフトmade in USA
※ボトルケージ用ボルトは付属いたしません。

UnAuthorized 33rpm Enduro

ついに1126日(木)販売開始
限定80!!
 

Diatec JOURNAL では 33rpmの特徴など随時更新予定!

 KEEP CHECK!!

関連記事一覧