あの樽には何が入っているのか?

段々と気温も暖かくなり、いよいよ本格的にサイクリングシーズンが始まりましたね!
皆さんは週末どんなサイクリングを楽しんでいますか?

ところで・・・何が入っているの?
ハイジにも出てくるセントバーナードの樽、気になりますよね。
もうこの樽のイメージしかない、フロントバッグRESTRAP CANISTER BAGが入荷しました!!

人気でずっと欠品していたので、こっそりと予約をいれおいて今回ついに私のバイクに!!
一日の旅、冒険にどれほどちょうどいいのか、先日の冒険をもとにご紹介します!

普段行ったことの無い道を走り、山頂でゆっくりコーヒーを飲むといった贅沢な暮らし(に浸ること)が最近のマイブームです(笑)

 

CANISTER BAG
止水ジッパー+間に100%防水ナイロン生地を織り込んだ3層構造で、
悪路を走るグラベルバイクにもってこいのフロントバッグです!

丸形とアウトドアグッズの相性
アウトドアグッズは何かと丸いアイテムが多いです。
試しにキャンプで使用するイワタニのガスボンベを重ねてみると、なんとシンデレラフィット‼

お湯を沸かすための道具だと、こんな感じ
・ガスボンベ
・バーナー
・コッフェル

この3点セット+αスープの素やお菓子などを入れられる余裕があります。

マイブームのコーヒーライドの用品を色々と試行錯誤した結果がこちら

また、アルコールストーブを使えばもっとコンパクトになるため、
豆から挽いてみたりと出来ることの幅がより増えます。

コーヒーセットを入れてもなお、こんなにも余裕があります!

丁度いいサイドポケット
また、このご時世ライド中に施設に入る際には必ずマスクが必要です。
ジャージの後ろポケットに入れていると汗で湿って不快感がすごく、バッグに入れると他の荷物に埋もれたりしてサッと取り出せなかったり、収納場所に困りますが、
CANISTER BAGのメッシュサイドポケットに入れておけば、サッと取り出すことができます!


グラベルやマウンテンといったハードな環境でもOK!
通常のハンドルバッグだとダンシングしたときや、ダートの振動でバッグが揺れてしまいます。
ですが、CANISTER BAGは走っていても一切そんなそぶりは見せませんでした。

その理由は、主に3つあります。

  1. 突き出しが少ない(ハンドルとバッグの距離が近い)
  2. バッグがハンドルの下に隠れる
  3. ハンドル2か所+コラムの3点でバッグを支えている

バッグがコラムに近いことでハンドルを切った時の揺れ幅少なり、ダンシングがより快適になります。
フロントのベロの部分にはカラビナでマグカップをひっかけたり、ライトを取り付けたりと便利

そして、②、③のおかげで下からの突き上げや振動からバッグをしっかりとホールドしてくれます。

さすが全て自社で手作りをしているRESTRAPだからこそできる
ライダーの意見がしっかりと反映されている最高にちょうどいいバッグです。

グラベルライドやコーヒーライドにちょうどいい+ハードコンディションしっかりと対応してくれるCANISTER BAG

この春再入荷した最高にちょうどいいCANISTER BAGを使って春の小旅行に出かけてみてはいかがでしょうか?

製品詳細はこちら

 

 


RESTRAP 記事一覧


< RESTRAPトップへ戻る

※掲載価格はニュース作成時の価格となります。
※当サイト内の文書・画像等の無断転載はご遠慮ください。

関連記事一覧

前のページに戻る