Enjoying being a human 「Badlands2021」

ROTORやBMC・POCなどのブランドアンバサダーを務める
Chris Tonge は2021年9月に行われ世界でも過酷なグラベルレースの一つ

Badlands 2021(バッドランズ)に挑戦しました。
Badlandsは、ヨーロッパの端で行われるサポートなしのグラベル・チャレンジです。
ルートは約725km 獲得標高は15,000m

Hoya de Guadix(ホヤ・デ・グアディクス)、Gorafe Desert(ゴラフェ砂漠)、
Tabernas Desert(タベルナス砂漠)、カボ・デ・ガタ自然公園(Cabo de Gata Natural Park)
標高3.212mのVeleta Pass(ベレタ峠)など、ヨーロッパで最も人里離れた困難な場所を横断します。
85%がオフロードです。

今回のレースはその距離や獲得標高もさることながら暑さをどう凌ぐかがポイントだっとの事です。

そのショートフィルム「Badlands」を紹介します。

Chris Tonge使用パーツ

1X13
13速は専用ハブを使用する必要がありますが
12速はシマノ社11速用のフリーで使用ができます。
1×13のリヤスプロケットは突然軽くなったりしないように歯数を設計していますのでストレスなくギヤチェンジができます。
(12速はトップ10Sがついていません、それ以外は13速と同じ歯数になっています)

1×13(12sを使用)

ALDHU CARBON × IN SPIDER × 1x OVAL Q RING 110×4
振動吸収に一役買っているのはカーボンクランク
アルミボディーのALDHUも振動吸収は高いですが軽量で、振動を吸収しつつトルクに対してしっかりしているクランクになるとALDHU CARBONです
ダートライドではQ-RINGSは有効的普通にペダリングをするだけで安定したトルクを後輪に伝えることができます。
悪路では体を支える為に上半身の動きやペダリング以外の下半身の動きが激しくなるのでペダリングはおろそかになりやすいです。
後輪のスリップや無理な体勢のからのペダリングで膝に負担をかけるなど、
真円と違いQ-ringsの機能は全体的に体の負担を軽減してくれます。

今やダートでもパワーメーター
色々なメーカーがパワーメーターをだしてきていますが、
ダートでも使え(壊れにくく)安定した高精度なパワーデーターを提供するのは
いまだROTORだけです。

 


ROTOR 記事一覧


< ROTOR トップへ戻る

 

※掲載価格はニュース作成時の価格となります。
※当サイト内の文書・画像等の無断転載はご遠慮ください。

関連記事一覧

前のページに戻る