鍵持ち運びいろいろpart2

先日、鍵の持ち運び方法について色んな方法を試してみました。

結果、サドル下にバンドで固定する方法が一番コンパクトに取り付けられるという結果になりました。

若干チャレンジ気味な取り付けだったので、安心して固定する方法が…あります!
餅は餅屋で。
カギはカギ屋さんのマウントが安心。

ABUS SADDLE FIX SH

その名の通り、サドル付近に取り付けられるアダプターになります。
BORDOの5700シリーズ、6000シリーズ対応になります。

本来、シートポストやダウンチューブのボトル台座のダボを使用して取り付けます。
ダボ穴が2つあるフレームなら問題ないのですが、鍵が底を占領してしまうと、ボトルを取り付けたくても取り付けられない…難点がありました。

その問題を解決できるアイテムがこちらになります!


取付方法はいたってシンプル!

  1. サドルレールにSADDLE FIXを取り付ける
    レールにアダプターを挟み込みます。
    付属している長いボルト2本にワッシャーを入れて、4mmの六角レンチで締める(2N・m)
    ※強く締めすぎるとアダプターが割れたり、レールが破損する危険があります。
  1. BORDOのホルダーをアダプターに取り付ける
    ドリンクホルダーのダボ穴に取り付けるのと同様に取り付けを行います。(2N・m)
  2. 付属のゴムバンドでBORDOを固定
    付属しているシリコンバンドで画像のようにしっかりと固定します。

SHマウントのように、横から固定するタイプでもこのシリコンバンドで固定することで、より強固に固定することができます!
また、SH専用マウントではありますが、旧型のホルダーでも取り付けることができました。

※BORDO LITEのホルダーは厚みが異なり取り付けられません。
ボルトを長いものに変更することで対応できますが、取り付けについては、ABUS販売店でご相談ください。


見た目がスッキリ!!

ロードバイクに重量級のカギを取り付けてもレーシーな雰囲気に。

また、雨上がりの泥跳ねからBORDO守ってくれる防水カバーも付属していますので、
雨で錆びてしまった、なんてことも防いでくれます!

ドリンクホルダースペースを確保しながら安心ロックが持ち運べるマウントは、長距離ライダーに最適です!
持ち運びに困っている時、こちらのアダプターも視野に入れてみてもいいかもしれません。

製品詳細はこちら


ABUS 記事一覧


< ABUS トップへ戻る

 

 

※掲載価格はニュース作成時の価格となります。
※当サイト内の文書・画像等の無断転載はご遠慮ください。

関連記事一覧

前のページに戻る