普段使いもOK!! トップモデルに迫るミドルグレードヘルメット 世界選手権を制覇!!

ABUS STORMCHASERが世界選手権ジュニアロードでゴールドメダル!!

先日ベルギーフランドル地方にて開催された、世界選手権ロードレース。
女子ジュニアレース、ゴールスプリントでアメリカのカイア・シュミットを下し世界チャンピオンになったゾーイ・バックステット(イギリス)。2004年パリ〜ルーベ勝者のマグナス・バックステッドを父に持つ、将来期待のライダー。

そんなバックステットが使用していたのが、ABUS ミドルグレードモデル「STORMCHASER」。
アンダー2万円のプライスで、トップモデルからのテクノロジーを引き継ぐ魅力的なモデル。
トップグレードから落とし込まれた優れたクーリング性能とエアロ効果を発揮。
Mサイズ 240gの軽量ヘルメットですが、シェル内部にフレームが組み込まれ高い安全性も確保しています。

デザインも特徴的な前部のV型ベンチレーションや後頭部にボリュームを持たせた精悍なフォルムが魅力。
細部のディテールも満足できる仕上がりです。
グラベルライドなど傷つきやすいライドにも積極的に使用できます。

※画像引用:ABUS Cycling Facebook

マチュー・ファンデルプールも使用
男子エリートにオランダチームのエースとして参戦したマチュー・ファンデルプールもSTORMCHASERを使用。レースは勝負どころまで良いポジションを確保しましたが最終的に8位。悔しい結果となりましたが、随所でマチューらしい走りが見られました。

※画像引用:Alpecin-Fenix Cycling Team Facebook

どうでしょう。ひいき目に見てもかっこいい!!
ミドルグレードだからこそ、積極的に使用でき、実践でも結果を残す ABUS STORMCHASER。
ぜひ注目してみてください。

 

製品情報ページへ


ABUS 記事一覧


< ABUS トップへ戻る

 

 

関連記事一覧

前のページに戻る