早くてラクなポンプ

早くてラクがいい!
先日ご紹介した、LEZYNE GRAVEL DRIVE。
グラベルという名前にちょっと引っ張られてしまいますが…

このポンプの特徴はシンプルに2点

  • 空気入れが早くてラク(ハイボリューム)
  • チューブレスセットアップの機能付き

です。
チューブレスじゃないから…と思われた方、
チューブレスセットアップの機能はおまけと思ってまずはこの先を読んでみてください!

ハイボリューム? → 早くてラクなポンプ
ハイプレッシャーモデルに比べ、径が少し太く、つまり容量が大きいため
一度のポンピングでたくさんの空気を送り込めます。
以前は、さらに本当のハイボリュームポンプがあり、MTBにはすごく便利でしたが、
4BAR以上は対応せず、1本ですべてをというのには向いていませんでした。

■気になるポイント

  • ラクってどのくらいラクなのか?
  • GRAVEL DRIVEと、ロード向けハイプレッシャーポンプで、空気の入り方がどのくらい違うのか?
  • 実際どのくらいポンピング回数が違うの?


■気になったらテスト!

SPORT GRAVEL FLOOR DRIVE VS SPORT FLOOR DRIVE

■1 : 700x23Cのロードタイヤに7BAR
■2 : 27.5×2.6のMTBタイヤに2BAR
で回数を比べてみました。

※ペチャンコから入れていますが、実際は残っている空気もあるため誤差はあります。
ザクッとみても約2-3割少ないポンピングでいけます。
そして7BARの高圧下でも、力の入れ具合はほとんど変わらず。

ポンピングの様子がこちら

1ストローク=0.5BARの気持ちよさ
衝撃的だったのは、700x23Cに対し1回のポンピングで、
0.5BARとメーターが面白いくらい規則正しく上がっていきます。


■結論

  • 7BAR(6.9BAR)に最速で入るのはGRAVEL ポンプ。
  • つまり早くてラクなポンプ
  • 米式バルブが必要なければこれ1本でロードからMTBまでカバー

定番のSPORT FLOOR DRIVEも捨てがたいですが、
+¥2500程でこの楽さと、チューブレスセットアップの機能がついてくるのは魅力です。

もしもチューブレスタイヤをご使用中の方は、グラベル、MTB、ロード問わず、絶対におすすめです。
チューブレスのセットアップについては、こちらの記事をご覧ください!


LEZYNE  記事一覧


< LEZYNE トップへ戻る

 

関連記事一覧

前のページに戻る