ワールドカップでリーダージャージをゲット!

MTBワールドカップでマチュー・ファンデルプールが好成績を収めています!
ジロ・デ・イタリアへの出場が予想されていた中、オリンピックで金メダルを狙うためにオフロードへスイッチ。
久しぶりのMTBレースでしたが早速勝利しリーダージャージもゲットしました。

XCC・クロスカントリーショートトラックで勝利!
ワールドカップ初戦のクロスカントリーショートトラックで勝利しました!
クロスカントリーショートトラックとは、2㎞以内の周回コースを20~60分ほど走り順位を競うレースです。
集団中央付近からのスタートでしたが徐々に順位を上げ、先頭に追い付き最終周回に自らアタック。
難しい展開でしたが粘りの走りを見せ、無事1位でゴールアーチを通過しました!

※画像引用:mathieuvanderpoelのInstagram
https://www.instagram.com/p/CO8X75phmjC/?utm_source=ig_web_copy_link

 

リーダージャージ着用で見せた真の実力
最近のマチューは、シクロクロスとロードを走る事が多かったため、MTBは約1年半ぶりのレースとなりました。
ただそれでも強さは折り紙つきで、過去には世界選手権とヨーロッパ選手権でメダルを獲得しています。
今回も世界チャンピオンや欧州チャンピオンに競り勝ち、堂々と白いリーダージャージをゲット!
どの競技でもトップレベルで走る姿はまさに「三刀流」の活躍です!
※画像引用:AlpecinFENIXのInstagram
https://www.instagram.com/p/COr6ZwDHgRJ/?utm_source=ig_web_copy_link

優位に立つためのクーリング機能
マチューはクロスカントリーという過酷な競技で勝利を目指すため、全レースでAIRBREAKERを被っています。
オフロード特有の変わりゆく路面、岩や木材を何度も超えるレースでは常に冷静な判断が求められます。
とある記事を読んでいると、自転車のように長時間運動では、身体の深部体温が40℃を超える場合があると書いてありました。
その時には呼吸循環器系や脳活動が低下し、またそれと併せて運動パフォーマンスも低下するとの事です。
エアロヘルメットを被る選手が多い中、GAMECHANGERのエアロ効果にベンチホールを加え涼しさを備えたAIRBREAKER。
少しでも涼しいヘルメットを被る事で脳へのストレスを減らし、集中力とパフォーマンスを向上させ、それが勝利へ繋がっているのではないでしょうか。


※画像引用:abus_cyclingのInstagram
https://www.instagram.com/p/CO5z8jRBox9/?utm_source=ig_web_copy_link

 


 

ABUS 記事一覧へ

 

ABUS ヘルメット カタログページへ

ABUS ホームページへ

関連記事一覧

前のページに戻る