ABUS ENGINEERING WORKBOOK 「AERO」VOL.3

いよいよクリエイティブの佳境ですか?

MvD:はい、グランドフィナーレです! ミラノの施設のチーフエンジニアである男はただ私たちを笑っていました。変更されたプロトタイプで追加テストを行いました。そして彼は言った:「座って、リラックスして。 数字を見て!」ウィンドマシーンは時速70キロでフルスピードに達するまで再びハウリングを始めました。 「数字を見て!」と彼は言いました。

私が見たのは、太い文字で書かれた結果だけでした。 私たちのヘルメットは最高の成績のヘルメットと同等でした。

同等でそれ以上でもなく、さんざんだ。

彼は私の肩を取り、私たちは再テストしました。「すべて大丈夫だ、数字、それらがどのように変化し、速度が上がるときに針がどのように動くかを見てみて」。 

私たちが彼の主張を理解するのを待たず、彼は振幅について話し続けていました。

これらすべての番号と列の行の間の何か。 私たちのヘルメットは、速度が上がると振幅が大幅に小さくなり、他のすべてのヘルメットよりもはるかに低くなりました。 そして、この経験豊富な男性の結論は単純でした。私たちのヘルメットは、他のヘルメットよりも動的な状態ではるかに優れた性能を発揮していたのです。 

「このヘルメットはシンプルに空気安定性が高く優れています。」リムプロファイルに関する議論と比較すると、要点がわかります。 変更されたプロトタイプを最後に再テストしたところ、すべての列で0.01ポイントのアドバンテージが得られました。 任務完了。

これは私達が現実世界のためになることをエンジニアリングするという、私達の分野で最高のスポーツ競合他社と戦えると知った瞬間でした。それは、私たちは定期便で帰宅しました。

 

でもエアロだけではないですよね?

MO:その通りです。私たちは、ヘルメットに一種の「オールラウンド」なアプローチを与えることに重点を置いていました。ほぼ毎日使えるエアロ。

夏のため通気性が良く、シクロクロスのための全長の短さ、スタイルのためのコンパクトなシルエット。ヘルメットを着用したら、他に大きなマイナス要素もなく、エアロアドバンテージを得られます。

快適なフィット感も重要です。

私たちは現代のレースフィットの研究に多く投資をしました。

テストチームの女性の強い意見のおかげで、編みこんだ髪のサイクリストのためのシンプルで実用的なロールオフを再発明する必要がありました。そして、私たちは前にフリーフローティングパッドが欲しかったのです。汗の滝や、額の跡はもうありません。

 

9か月の開発プロセスの中で、
これらすべてのトピックをどのように管理したのですか?

MO:まさにここで私たちの3Dプリントの背景が活躍します。

私たちのネットワークを使用して、ABUSの超高速ダイレクト製造プロセスを開発しました。最初から3Dデータから始めたので、それができました。それはデザイナーの喜びです。デザインをモデル化し、印刷ボタンを押すと、スケッチが4レーザーヘッドのEOSプリンターに送信されます。正確で最速のプリンターがあります。ヘルメットをプリントアウトするのに1時間もかかりません。翌日、小包サービスがあなたのドアをノックします。あごひもをクリップで留め、ロールオフシステムとフロントパッドを3箇所取り付けるだけで、乗車の準備が整います。

 

これまでにいくつのヘルメットをプリントアウトしましたか?

MO:数えていません、50? おそらくもっとかと。わかりません。

 

 

リスクをとれるとはどういうことですか?

MO:GAMECHANGER自体のデザインは保守的です。 私たちは、顧客をエイリアンのように見せたくありませんでした。

MvD:安全に市場に参入したかったのです。見た目が速く、成長を続けるパフォーマンスヘルメットのファミリーに、独特でエレガントな、やや攻撃的な外観を与えるデザイン。2本のダブルバーは、後続のすべてのヘルメットに取り入れられ、ロゴは常に中央に誇らしげに立っています。
大胆で継続的な空力ラインで囲まれています。 これが私たちが「ABUSブランドルック」と呼んでいるものです。 Nairoの3Dスキャンだけでなく、多くのライダーの顔でも機能することを嬉しく思います。 しかし、構造の詳細では、パフォーマンスヘルメットのカテゴリーで強いマークを残したいことがわかります。 

 

 

GAMECHANGERはこれまでで最も進化したヘルメットだと思いますか? 

MvD:ディティールおいては、私たちは間違いなくリーダーであると主張しています。 たとえば、単純なあごひもを見てください。

それらは単一の部品から作られています、弱い接合部がありません。テキスタイルテクノロジーの美しい作品。 これまで誰もこれをしていません!

ヴィクトリアズ・シークレットに最適なストラップを製造しているという会社でこのテクノロジーを見つけたと言うと、このディテールがさらにセクシーになります。

私たちは彼らの施設を見て、彼らが何ができるのか興味がありました。 私たちは、ビジネスで間違いなく最も洗練された、セクシーで空力的なワンピースストラップのアイデアに行き着きました。それが私がリスクを取ると呼ぶものです。 

 

 

台本が全くなさそうです…

MO:はい、イノベーションはジャズを演奏するようなものです。
2番目の例として、フロントパッドを取り上げます。 パッドを固定するためのベルクロが見えますか?
いいえ! 私たちはドイツのテクノロジー企業です。ヘルメットはイタリア北部のハイテク機械で製造されています。あなたはこれを20個ものふにゃふにゃな中国製マジックテープの連続で台無しにすることはできません。

三層の小さな穴のあいたフローティング構造のパッドになっています。ロールオフシステムはスイスの精密ラチェットを使用。 ヘルメットにおいて、ほぼすべてのブランドがバックグラウンドで同じソリューションと同じメーカーに依存しているビジネスに対して、私たちの出した答えです。それが私たちの本当の意図です:私たちはゲームを変えたいのです! 

 

 

製品をどう「感じる」かという視点が大事ですか?

MO:はい、私はウィンドサーフィン業界の出身です。 装備は常にアスリートの自然な延長として見られなければなりません。 私たちはCFDソフトウェアを使用して帆とマストを開発しましたが、最終的には、水上での無限のテストにさらに依存しました。 気分が良くなることに焦点を当てると、それはよりよくなっていきます。 


そしてその一環として、アスリートは良くなります。 このアプローチは、現実世界で求められるメリットを開発するためのかなり有効な方法です。 そしてヘルメットは、サイクリング装備の「主要な部分」、つまり動きの中心にあります。 これを過小評価してはいけません。 

 

 

「主要な部分」について教えてください。
ヘルメットは、サイクリストの全体的な空気抵抗の5%しか占めていません。

 

MO:その通りです、それはさらに少ないです。 しかし、自転車のフレームの空気力学について議論するときに誰もが間違っているのは、フレームのエアロ効果を感じる感覚がないということです。 あなたはそのための感覚を持っていません。 それは単にあなたの脳にとって重要ではありません。

しかし、ヘルメットを使用すると、ほとんどすべての人が、遅いヘルメットと速いヘルメット、良いヘルメットと悪いヘルメットの違いを感じることができます。

汗を感じ、耳でノイズを感じるたくさんのセンサーをあなたは持っていて、横風があなたを遅くしようとする時に頭の位置をわずかに変化させる事に気付きます。 ヘルメットが快適にフィットすると、すぐに気分が良くなり、ゾーンに入る事ができます。

 

 

速く行けると「思う」からヘルメットがライダーを速くしてくれるという意味ですか?

MO:まさにこれが私たちの計画でした。 横風を切り抜けるため、空力安定性を重視しましたが、GAMECHANGERは側面形状のため比較的静かです。 そうなんです、これがあるとより速く感じることができるのです。もっと速く走りたくなる。プロセスを裏から見みると非常にシンプルな事でした。

 

 

何か他に伝えたい、隠れたメリットはありますか?

MvD: もう一つ重要なことは、「どのくらいの空気を取り込むのか」という時代の中で見落とされがちなヘルメットのデザインについて、私たちのデザインは、時速60km以上の下り坂でも、ペーパードラゴンのように持ち上がったりしないようデザインされています。小さなディテールですが、アルプスでは役に立つこともあります。サングラスの2 つのストレージオプションもお忘れなく。これらのすべてディティールの積み重ねがライダーを高速化することにつながります。これが本当に重要なことです。

 

 

結局、サイクリストはなぜエアロヘルメットを試すべきなのでしょうか?

MO:次のように見てください:速く見えるものは速いです。 速く感じる時、より速くなります。レースはあなたの耳の間でで90%決まります。 レースや競争の激しい状況でより良くなりたい場合は、頭の周りを調整することから始めてください。 あなたの頭を調整すると体が続いてきます。

MvD:冒頭で述べたように、スピードとコントロールを速度と制御を受け入れる必要があります。オプションとしてでなく、GAMECHANGERと共に。

 

 

VOL.1へ戻る

 

ABUS ENGINEERING WORKBOOK 「AERO」

 


ABUSホームページ

ABUS カタログページはこちら

 

関連記事一覧

前のページに戻る