ABUS ENGINEERING WORKBOOK 「AERO」VOL.3

GETTING AHEAD OF THE PACK

GESCHWINDIGKEIT
BRINGT SICHERHEIT

2017年で、支持の高いロック会社であるABUSがプロサイクリングの世界に参入しました。

何が、誰が、原動力で、モチベーションはどのように始まったのか?
ABUSの製品マネージャーであるMarc van DuntenとデザイナーのMatthias Ocklenburgに会い、
パフォーマンスサイクリングへの参入について話しました。 

 

“Matthias、あなたはGAME CHANGERプロジェクトの背後にあるデザインの首謀者です。
あなたのデザインプロセスの秘密は何ですか?”

Matthias Ocklenburg:その秘密はサイクリングに非常に関係しています。
Mike Klugeの言葉で答えると「Geschwindigkeit bringt Sicherheit」翻訳すると「コントロールするにはスピードを受け入れる必要がある」です。

 

 

ヘルメットの開発は管理された成功でしたか、それを計画していましたか?

Marc von Dunten:このプロジェクトを開始したとき、私たちはパフォーマンスサイクリングのゲームに慣れていないので、リードグループに追いつくためにはすぐに学ぶ必要がありました。
しかし、私たちはヘルメットの製造に豊富な経験を持っており、そして何より重要なのは、私たちはエンジニアであることです!

 

私たちは目標が設定されれば、方法を見つけます。 ABUSは中核となるエンジニアリング会社です。そして、新しい競争相手としてマーケットに参入するための安全な方法は1つだけです。それは、著しく優れたものを提供する必要があるということです。

 

 

チームにとって一番のチャレンジは?

MvD:最初から、ゴールには多くの熱意がありました。 ABUSにはパフォーマンスサイクリングに飛び込みたいと思っているメンバーがかなりいました。

チームとしてのプレッシャーは感じませんでした。 

後で、あなたがこのプロジェクトのために特別に作られたまったく新しい生産場所を訪れたら、窓の外から莫大な投資が見て取れ、新しい従業員がステッカーの貼付を学び、大量のポリスチレンビーズをポンプでくみ上げる大きな機械が見えるでしょう。それはあなたをびっくりさせると思います。

 

MO:…はい、そしてデザイナーとして気付きます、それがすべて機能していることを確認する責任があります。これでゲームが始まり、ボールをもちました。 それを一度だけ投げることができる、そんな状況です。しかし、私はこんな状況が大好きで、これらの課題に立ち向かうことに慣れています。 

 

 

開発のドキドキが聞こえてくるようです

MO:鳥肌が立ち、酸欠状態のようになってきます。圧力は私を落ち着かせ、より正確にします。私たちは、これまで夢見てきた中で最高のヘルメットを作る、一生に一度のチャンスがありました。
デザイナーとして、そしてサイクリストとして、あなたを釘付けにする必要があります! 

 

ベストヘルメットと言いましたか?

MO:構築することができます。 自己ベストを達成するために努力しているアスリートのように。 それが私たちのアプローチでした。
「信じてください、180kmで4分速く…あれこれ」のような馬鹿げたマーケティングではありません。自分自信のパフォーマンスにフォーカスして最高を目指す姿勢とは異なります。 ABUSは自転車ロックのマーケットリーダーです。この主要な志はそこにあり、私たちはそれをヘルメット部門に移すだけで済みました。 

 

マーケティングの誇大広告でなく、ただ空気力学ということですか?

MvD:GAME CHANGERのリリース以来、世界で最も空力的なヘルメットはうちだと主張した3つの主要メーカーがありました。退屈な手続きでした。彼らはどうやって知ることができたのか、彼らは他のヘルメットをテストする機会がなかったのです。

MO:疑問です。彼らは私たちが今ゲームに参加していることにさえ気づいていましたか?

MvD:いいえ。私の意見では、これは証拠のないタイトルの主張は、チャンピオンとしての振る舞いではないと思います

 

 

それでは、デザイナー&空気力学のスペシャリストとしてチャンピオンのあり方とは?

MO:短くですか? それはスポーツのようなものです。対戦相手をよく知り、スキルを一生懸命トレーニングして磨き、準備ができたと思ったら競技に参加します。そして時々それは計画を立てるのに役立ちます。 

 

 

ロングストーリーなら? Marc?

MvD:最初は、時間をかけて3Dスキャンを行い、すべての対戦相手のヘルメットを測定しました。 私は本当にそれらのすべてを語ることができます。
内部、外部にすべてにおいて。3DスキャナーとCFDソフトウェアを使用して、さまざまな位置と風の角度でさまざまなヘルメットデザインの空力的利点を測定しました。その後、マーケットはクリヤになりました。どのブランドが真剣な競争相手であり、誰が熱気を吹き込んでいるのか。誰が強力なマーケティング戦略を持っており、誰がエンジニアリングが得意かがはっきりと分かります。

さらに、Movistarライダーの3Dスキャンと「通常の」サイクリストの人間工学的データを使用して、内部の形状と頭の形状を処理します。 それがこのプロジェクトの基礎となりました。 

 

 

これは大変な作業のように聞こえますが、違いはありましたか?

MvD:今振り返ってみると、最良の決断は、すべての設計者の机にいくつかの簡単な風力トンネルソフトウェアを配置することでした。これが違いを生みました。競合他社がどのようにヘルメットを開発しているかを調査しましたが、ほとんどの競合他社は、古典的なスケッチ、粘土モデリング、風洞プロセスを好みます。これは、風洞と空力対策の前に、かなりの労力が必要です。これを逆さまにしたかったので、最初から仮想風洞を使用しました。この決定の欠点は、完全に閉じた3Dサーフェスですべての設計アイデアをモデル化する必要があることでした。 

 

しかし、これが仮想風洞から早期のフィードバックを得る唯一の方法です。大変で、さらに何マイルも歩くことになりましたが、最初からすべての内部ベントを備えた完全なヘルメットをモデル化することができました。ラップトップのモデリングに座っているデザイナーを想像してみてください。彼の隣のPCがシミュレーションを行っています。 次のデザイン、次のフィードバック。 風洞は設計者にとって素晴らしいツールです。 あなたが忍耐力、志、そして時には少しの運があれば、素晴らしい結果が得られます。

 

「運」とはどういう意味ですか?

MO:優れたイノベーションは、大きな苦労や大きな過ちから生まれるとよく言われます。 私たちは多くの苦労をしましたが、私たちのデザインは競合他社のエアロ値に近づきました。そしてある日、障害が発生し、いくつかのサーフェストリムが失敗しました。

私の目には、ヘルメットのラインは素晴らしいのですが、横は下がり、正面は、トップパネルがこれまで以上に広く開いたカムバックになった。

それは異常に見えました。私は故障だと言ったものの、風洞で試そうと言いました。そして30分後、シミュレーションは一時的な黄色から安定した緑色の状態になり、私たちは自分の目を信じることができませんでした。 新しい設計を2回再確認しましたが、ソフトウェアのグラフはこれまでにテストしたものをはるかに下回っていました。 これは私たちのゲームを変える瞬間でした。

 

私たちは何か強力なもの、何か新しいものを見つけたことを知っていました。
理由はわかりませんでしたが、私達は手に入れていました。設計と試作工程を安全にパスするだけで済みました。

MvD:いえいえ、これはコンセプトフェーズにすぎませんでした。
それを「実世界の空気力学」と呼ばれる概念に発展させるために、さらにいくつかの試作を重ねました。それは現在、マルチポジションエアロダイナミクスいう用語で知られています。

マルチポジションの意味は?

MO:私の意見では、一部の競合他社は、風洞内の静的な数値を厳しく見すぎています。
風洞では、正しい測定値を取得するため非常に安定した風の流れがあります。
しかし、現実の世界では、たとえばプロツアーでは、空力の観点からカオスルールがあります!安定した風の状態はありません、私たちはトライアスリートではありません、私たちはコナにいるわけではありません!

バイクレースは時速40~50kmの空力カオスです。これは私たちのヘルメットが最高のパフォーマンスを発揮する場所です。 ツール・ド・フランスのビデオ映像を調査しました。ツール・ド・フランスでは、1人のライダーが18秒ごとに頭を動かします。 終盤では、5秒ごとに下がることがあります。1-2-3-4-5。ヘルメットを特定の位置に置き、静的な風の角度でのみ測定すると、速いヘルメットになりません。

どうすれば速いヘルメットができるのか、アスリートが頭を動かしたときに良好な気流をより速く再構築できるのかを自問する必要があります。コンピュータをチェックするときに、どのデザインが最高の空気安定性を持っているか? 肩越しに見たときの渦を最小限に抑える方法は? 

 

MvD:スペインのチームMovistarという、このようなアクティブなサイクリング方法に最適なロールモデルがあります。
可能であれば、頭がぐらつくダミーでヘルメットをテストしますが、この点を回避する方法になります。

 

 

カオスな空気力学をどのようにコントロールしたいですか?

MO:スピードスーツを見てください、みんなが腕の側面のドットについて話しているのです。 同じ原理が私たちのヘルメットの側面でも機能します。
その結果、幅の広いカムテールを開発しましたが、側面へのアプローチを変更しました。
Movistarで収集した風の状況からのフィードバックのため、層流サイドパネルを追加しました。単に制御できない場合は、層流を乱したほうがよい場合もあるのです。これはサイドパネルの裏話です。 それらは半通気性であるため、頭を上に向けた位置での換気は良好であり、スプリントポジションではヘルメットは弾丸のように完全に丸くなります。

サングラスのポートを追加することで、現実世界の完璧な「win-win-win」です。 リアサングラスポートにも同じ考え方が適用されており、これは競合他社よりも空力的なディテールです。 雨天時もエアロダイナミクスの性能を高めてみたいですよね?
個人的には雨が降り始めたら家に帰りたいですけど。

 

 

このヘルメットがその名に恥じないことにいつ気づきましたか?

MO:最初のひらめきは、仮想風洞での発見の瞬間でしたが、これはヒントにすぎませんでした。2つ目は3か月後です。 プロトタイプを詳細にチェックするために、ミラノの風洞に向かっていました。 これはとてもエキサイティングな旅でした。
これは、私たちの最初のコンセプトの実証でした。初めに、仮想風洞を証明するために、競合他社のフィールドを再度テストしました。すべてが計画通りに進み、私たちは1社、時に2社の競合相手と一緒にグループをリードしていました。他の競合他社は、その場にいなかったのです。私たちの優位性は、バーチャルデータがかなり正確だったことです。
これで満足していたかもしれません。しかし、私の中のアスリートが出てきて、マークにこう言ったんです「5つの風の角度と速度を最小にして、最後の1%でリーダーを打ち負かすまで今日は風洞から出ないぞ!」と。つまり、競技会に参加していてチャンスがあると思ったら、2位を狙うなんてことはしないでしょう?
私たちは残り5時間しかなかったので、細部に至るまでの改良を続けたのです。プロジェクトが本格的になるのはこの時で、粘土、カッター、ダブルカットやすりで作る時がやってきました。

 

 

関連記事一覧

前のページに戻る