ASSOS ショーツ 解体新書【ライクラ編】

ショーツ解体新書 【ライクラ編】

1976年ASSOSは、世にウール製のショーツ(名称確認)しかなかった時代に
化繊(LYCRA ライクラ)を使用したショーツを世に輩出しました。

 

それから45年 ASSOS社と各繊維のサプライヤーは共同で新しいファブリックを開発し続けています。
自転車で快適に使用するファブリックは、後に色々なジャンルの衣料に使用できるため
各サプライヤーは、ASSOSのために最高の技術を注ぎ込んでくれるのです。

2014年にショーツの歴史が変わってしまうほどの商品が発表されました。
「S7」世代のショーツの登場です。
現在のASSOSのモデルもこの 「S7」の技術を使用しています。


 

そんな中で重要な3つ重要な要素を少し深めに説明していきます

ポイント① 素材 ライクラ
ポイント② インサート(パッド)
ポイント③ 構造

 

新たに刷新したライクラ

ASSOSのショーツは驚くほどに重量が軽いです
Mille GT BIB Shorts 170g
Equip RS BIB SHORS S9 180g
Mille GTS BIB Shorts 180g
メインのライクラ生地を薄く細やかにすることで肌に密着しやすくなります

10cm×10cmの重量
ASSOS Type429  2.1g 厚さ 0.5mm (薄く木目が細かいため指が透けない)

A社 2.1g 厚さ 0.52mm (同じ厚みだが木目が荒いため指が透ける)

Type.429 (MILLE GT)

ASSOSが開発した新たなライクラ
前作(S5)よりも14%軽量化し17%伸縮性をあげています
糸や伸縮を担うシリコーンの糸が今までの糸より細くなる事で
木目細かく編まれています。
WEFT KNIT網で編まれています。縦に伸びやすく 横に伸びにくい

WEFT KNIT

MILLE GTショーツのi製品情報はこちら

 

Type.441 (EQUIP RS)

Type.429をさらに進化させたライクラです
耐摩耗性に優れ、やさしく圧縮された、絹のような滑らかな着心地になっています。
紫外線から保護や、臭いを防ぐ工夫が取られており、
吸水・速乾のサイクルが早いので積極的に熱った体を冷却します。
WEFT KNIT網で編まれています。縦に伸びやすく 横に伸びにくい

WEFT KNIT

縫い目が細かく伸ばしても肌の色は見えない

EQUIPE RS ショーツのi製品情報はこちら

 

OSSIDIA (Mille GTS)

ロングライドで何を求められるのか?
特別に開発されたテキスタイルは、
Type.441のテクノロジーをライクラの編み方を工夫する事で進化させています。
WARP KNITという特殊な編み方をする事で
適度なコンプレッション効果を生み筋肉のブレを抑えます。
アンチバクテリア効果のある糸を織り交ぜ
長時間履いていても臭いを抑える工夫も施しています。
摩擦のない快適さと絹のような滑らかな着心地を実現しています

WARP KNIT

MILLE GTSショーツのi製品情報はこちら


 
ASSOS ショーツ解体新書 コンテンツ

 

ASSOS記事一覧へ

 

ASSOSカタログページへ

ASSOSホームページへ

 

関連記事一覧

前のページに戻る