BRUNOが応援する「旅」 〜世界の自転車旅をサポート〜 若者よ旅に出よ!

20歳の大学生、溝口哲也さん
旅レポートVol.3

9月7日〜9月13日

溝口さんのヨーロッパ旅も3週目。南フランスの山岳地帯を抜け、3ヶ国目のイタリアへ入国。
そして北上をつづけアルプスを越えてスイスへ。憧れのマッターホルンに挑みます。

9月7日
フランス イゾラ→イタリア トリノ
132km  

お世話になったおじいさんに別れを告げてフランスとイタリアの国境である標高2400mのコル・ド・ラ・ロンバルドを越えれば、トリノまで下り基調の平坦が続く。一週間ほど山を登っては下ってを繰り返していたので、とうもろこし畑の真ん中を貫く一本道はとても気持ちがよく走れた。

BRUNO
フランスとイタリアの国境までおじいさん(バイク)と一緒に登る

9月8日
イタリア トリノ→アオスタ
162km  

平坦に安堵しているのも束の間、目の前にアルプス山脈が迫ってくる。やっとのことでキャンプ場のバーに辿り着くと、何やら陽気なおじさんが話しかけてくる。
彼の名はシモンさんで、趣味でオペラを歌っているといい何かある度に突然大声で歌いだす。私に酒を飲ませると、何か歌えと無茶ぶりされ、Maroon5を熱唱させられました(笑)
それはそれは大ウケで、バー内から謎の拍手が送られました。「日本人はもっとシャイだと思っていた」などと言われたが、私だって素面だったら絶対にできないだろう。

BRUNO
日が傾いてきて野宿場所を探している

9月9日
イタリア アオスタ→スイス シオン
120km

今日から4日間かけて、アルプス山脈を3度登る予定だ!!

1日目はイタリアとスイスの国境、アルプス山脈を越えるのは標高2500mのコッレ・ディ・グラン・サン・ベルナルドだ。35kmの長い登りは本当に辛く、楽しいものだった。
汗を垂らしながら登っていると「こんにちは」と聞き覚えのある言葉が聞こえた。ヨウスケさんはヨーロッパを旅して、初めて出会う日本人だった。ドイツの友人たちとポルシェでドライブしているそうだ。走っているとたくさんのポルシェから応援を頂き、窓から差し入れも頂いた。ポルシェのサポートカーのおかげで、無事にアルプス山脈を越えてスイスに入ることができた。

BRUNO
アルプスの登りで応援してくれたポルシェ
BRUNO
上へ上へと続く上り坂

9月10日
スイス シオン→ツェルマット
92km

マッターホルンといえば、世界で最も有名な山の一つであろう。その山の見えるスイスの観光地ツェルマットを目指す。
昨日登ってきたアルプス山脈を今度は逆から登り返すが、だんだんと雲が立ち込めてきて、マッターホルンは見えなかった。 それを見ずには帰れまいと、明日には見えることを期待してキャンプした。 ツェルマットでは有名な観光地なだけあり多くの日本人と出会った。日本から遠く離れた地で日本語で応援されることが嬉しかった。

BRUNO
山に囲まれたスイスの道を進む

9月11日
スイス ツェルマット→ブリグ
87km

早朝日の出前、テントから顔を出すと晴れ渡った空に屹立した鮮明なマッターホルンがあった。私は興奮ぎみにテントを飛び出して徐々に朝日を浴びて輝くその名峰に感動を覚えた。当初の予定では、そこで引き返すはずだったが、あまりの美しさに気が付いたら自転車でマッターホルンめがけて登りだしていた。
登山道は舗装されておらず、MTBレースのSDA王滝のような道が続く。私のBRUNOはオフロード仕様ではないので、通りすがる人に応援されつつ、苦戦しながら登っていた。また、ツェルマット周辺にはMTB用トレイルが整備されている。途中で出会ったMTBライダーと一緒にトレイルを走っては、タイヤの細い私は転んでそれを笑いあっていた。

BRUNO
美しかったマッターホルン
BRUNO
マッターホルンまでオフロードを進む
BRUNO
アルプスの峰々
BRUNO
マッターホルンを背景に出会ったMTBライダーに撮ってもらう
BRUNO
MTBトレイルをBRUNOで攻める

9月12日
スイス ブリグ→イタリア バヴェーノ
107km

アルプス山脈もこれで登るのは最後なので切なく噛み締めて標高2000mのSimplon Passを越えてイタリアに戻ってきた。走っていると一人のロードバイクのおじさんと一緒になった。
彼は時速35kmで走行し、歯を食い縛って必死で着いていった。しばらくしてやっと止まったかと思うと、自転車を乗り捨て、おもむろに岩場から海パンを取り出して湖に飛び込んだ。その行動は既に私の理解の範疇を越えていたが、好奇心で私もジャージのまま湖へとダイブした。
そんな彼はエミリオというおじさんだ。63歳にしてそのアクティブさは尊敬に値する。ピザをご馳走になり、月夜の下で一緒にカヌーを漕ぎ、酒を交わしながらベッドの上で一緒にサッカーを観戦していたはずだが、記憶は途切れ気が付いたら朝だった。

BRUNO
Simplon Passの頂上で見た女神

9月13日
イタリア バヴェーノ→モンツァ
155km

朝はエミリオおじさんと一緒にサイクリングに出かけた。彼の服を着させてもらい、イタリアンスタイルでマッジョレー湖を横目に話ながら自転車を転がす。カフェに寄って、景色の良い場所に案内され、湖を前にベンチに座っていた。私が自転車でウィリーを披露すると「ブラボー!」と大変ご機嫌だった。一緒に自転車で走っているといろんな事が分かる。その人の性格や思考が走りに出てくるからだ。今回の出会いはそんな自転車の良さが生んでくれたものだとつくづく思う。

BRUNO
ボードゲームをするエミリオおじさん
BRUNO
エミリオおじさんと朝日を浴びながらサイクリング

これから今回の旅行で最難関と思われるステルヴィオ峠へと向かう。そこは標高2800m弱の険しい峠だ。負けるもんか、と意気込みペダルを回していく。



各WEBサイトでもご紹介頂いています

cyclowired cyclist cycle sports.jp LIFECYCLES PAPER SKY

監修

ルーカス B.B 氏
地上で読む機内誌
PAPERSKY 編集長
ルーカス B.B 氏
山下 晃和 氏
旅するファッションモデル
山下 晃和 氏
松田 吉弘 氏
サイクルスポット
松田 吉弘 氏

協賛

サイクルスポット BROOKS PEdal ED PAPERSKY
BRUNO世界旅応援モデル