BRUNOが応援する「旅」 〜世界の自転車旅をサポート〜 若者よ旅に出よ! 第2弾

世界旅
「若者よ旅に出よ」第2弾スタート!!

人生に「旅」を...
「旅」の道具であるBRUNOは自転車で「旅」する人を応援します。
若者よ旅にでよ!の企画では、「旅」する若者をサポートさせて頂き、その様子をお伝えする事で、 これから「旅」にチャレンジした人の心に火を点け、背中を押したいと考えております。


BRUNO

今回のテーマは「輪行世界旅」

走り続ける旅も魅力、でも好きな土地を巡って回ることも旅の醍醐味。
今回は輪行を駆使しながら好きな国を巡って頂く「旅」も応援いたします。
「自転車を持つ旅」というものをより身近に感じてもらう旅の実践者として選ばれたのは女性のお二人です。
畠山準弓さん(学生・20歳)と伊藤沙也加さん(会社員・25歳)
このお二人がBRUNO Venturaに乗って、畠山さんは8月から北欧へ、伊藤さんは9月から米国・西海岸へ、それぞれ1カ月間の旅へと出発する予定です。

東京にて壮行会を開催
まもなく出発です!

7月、都内にて世界旅企画第2弾の旅人を応援する壮行会が開催されました。
会場には多くの自転車関係メディアや世界旅監修メンバーも来場し、
旅人のおふたりにその意気込みを聞きながら応援のお言葉をたくさんいただきこのあとの旅に備えていきます。

BRUNO

伊藤沙也加さん

BRUNO

都内の旅に関わる企業にお勤めの25歳 社内の採用ミッションとして世界一周を経験するという、ユニークな経験をさせてもらえる会社にお勤め。
9月に米国・ポートランドからスタートしサンフランシスコ、ロサンゼルスを抜け、サンディエゴを経てサルベーションマウンテンをゴールにするというプラン 「人に出逢いながら旅の良さを発信し広める旅」がテーマにします。 素敵な笑顔と、持ち前の明るさ、誰とでも仲良くなる気質、人を巻き込む強さを感じます。

畠山準弓さん

BRUNO

畠山さんは今年2月、1カ月にわたってアフリカを旅したことがきっかけで世界旅に目覚めた という経験を持つ神戸芸術工科大学でデザインを専攻する学生。
「今しかできないことをしたい」とこの企画に興味を持ち参加され「北欧のデザインを学びたい」という目的をもって、 ヘルシンキを拠点にストックホルム、オスロ、コペンハーゲンと巡る北欧旅に挑戦します。

初めての挑戦

当日、壮行会前に監修して御協力頂いているサイクルスポットさんのル サイク渋谷店にて行われた講習では 二人とも自転車初心者と言いながらも頑張って輪行やメンテナンスについて勉強してきました。 旅する自転車は、最も輪行に適したVENTURAを採用。

今回は、女性の旅という事で、監修メンバー松田さんに加え、 立川店で勤務しつつ、ロード、マウンテンバイク、ツーリングと幅広いジャンルを楽しむ河鍋さんが加わりました。

BRUNO

世界旅経験はある二人ですが、 自転車での旅は初めて。しかも自転車を自分で触ることなどは今までなかったよう。 手にマメを作りながらも、タイヤ交換、輪行の仕方等、松田さん、河鍋さんに丁寧にレクチャーしてもらいます。

二人とも真剣です。

BRUNO BRUNO

「自転車が相棒としてかわいくなってきたかも…」

お店の前での試走の様子。

BRUNO

監修メンバーの一人、旅するモデル 山下晃和さんにもご協力いただき 都内を一緒にサイクリングしながら、旅に向けてのアドバイスや、自転車の乗り方まで教わっていたようです。

たった一日の講習ではありましたが、後日には本人たちから 「自転車がかわいくなってきました」と報告ももらっています。

BRUNO

どんな旅になるのか?

今しかできない経験を積んできてほしい、そんな思いで出発から帰国までフォローしていきます。
読んでくださっている皆さんも、今後の彼女たちのレポートを楽しみに応援お願いいたします!

監修

ルーカス B.B 氏
地上で読む機内誌
PAPERSKY 編集長
ルーカス B.B 氏
山下 晃和 氏
旅するファッションモデル
山下 晃和 氏
松田 吉弘 氏
サイクルスポット
松田 吉弘 氏

協賛

サイクルスポット BROOKS PEdal ED PAPERSKY